パノラマソフト,バーチャルツアーソフト
VRツアーソフト
VRツアーソフト
VRTourMaker
セット版
セット版
PW Pro + TW Pro
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 10
バーチャルツアーソフト
バーチャルツアーソフト
Tourweaver 7
VRツアーソフト
VRツアーソフト
VRTourMaker
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 10
バーチャルツアーソフト
バーチャルツアーソフト
Tourweaver 7
パノラマ雲台
パノラマ雲台
パノラマ雲台
VRツアーソフト
VRツアーソフト
VRTourMaker
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 10
お問い合わせ
メッセージを送る
jp_support@easypano.com
jp_sales@easypano.com
コミュニティー
Facebook
Twitter
Google+

三つの方法でVRツアーに3DオブジェクトVRを埋め込む


360度VRツアーの中にある物件をより分かりやすく人々に展示するように、画像やビデオのほか、3DオブジェクトVR形式でも人気があります。VRツアーを再生する時、現場に見た物件をそのまま回転したり、ポップアップして拡大した画面で回転や確認したりするのは面白いことになります。 ここでは三つの埋め込み方法を説明しておきます。

1. 「移動ドア」機能で活用:

VRTourMakerには「移動ドア」という機能があり、連続撮影のドアや窓の写真を利用することで、再生の時に本当のドアや窓のように開いたり閉めたりすることができます。
そのドアの連続撮影の写真を物件の連続写真に変えれば、「3Dオブジェクト埋め込み」機能として利用することができます。 左上より「移動ドア」の矢印をクリックして、画面真ん中に移動ドアの矢印が追加されます。右側より連続撮影の物件の写真をインポートすることで、矢印本体は連続撮影の一枚目の写真に表示されます。


それで、その矢印の視角には四角形のマークがあり、マウスでドラッグしたりすることができます。ドラッグすることより、物件の形やサイズなどを調節することができます。そうすることでより真実的にVRツアーの中に埋め込むことができます。
「移動ドア」として開発した機能ですが、3Dオブジェクトとして利用する場合、プロパティーパネルより「マウスドラッグで繰り返す」にチェックを入れるのをアドバイスします。

再生する時、VRツアー現場で物件を回転することができます。それ以上物件をクリックして拡大した画面でも回転することができます。
2. 3DオブジェクトVR機能で埋め込む:

VRTourMakerの矢印には、3Dオブジェクトとの機能があります。その機能を通して、3Dオブジェクトを再生することができます。
左上の矢印ボタンをクリックして画面真ん中に矢印が追加されます。その矢印のプロパティーリストよりオブジェクトの連続撮影の写真をインポートして結構です。

再生する時、矢印をクリックしてポップアップして拡大した画面でオブジェクトを回転したりすることができます。
3. 現有の3Dソフトより作成された3Dオブジェクトで埋め込む:

3D Maxなどの3Dソフトより作成された3DオブジェクトをVRツアーの中に埋め込む場合、事前にその3Dオブジェクトをサーバーにアップロードしておく必要があります。URLか共有コードを通してVRツアーの中に埋め込むことができます。。

再生する時、矢印をクリックしてポップアップして拡大した画面でオブジェクトを回転したりすることができます。

下記のサンプルを別ウィンドウで全画面表示させるには、こちらよりアクセスしてください。 サンプル>>>
  Email This Page       Rate This Page