パノラマソフト,バーチャルツアーソフト
VRツアーソフト
VRツアーソフト
VRTourMaker
セット版
セット版
PW Pro + TW Pro
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 10
バーチャルツアーソフト
バーチャルツアーソフト
Tourweaver 7
VRツアーソフト
VRツアーソフト
VRTourMaker
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 10
バーチャルツアーソフト
バーチャルツアーソフト
Tourweaver 7
パノラマ雲台
パノラマ雲台
パノラマ雲台
VRツアーソフト
VRツアーソフト
VRTourMaker
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 10
お問い合わせ
メッセージを送る
jp_support@easypano.com
jp_sales@easypano.com
コミュニティー
Facebook
Twitter
Google+

VRツアーに埋め込んだコンテンツの確認方法


360度VRツアー作成歴史は今までおよそ二十年の歴史を持っています。360度パノラマ写真を基づき、普通の画像とテキストと動画それに360動画やPDFファイルなど豊富なメディアを埋め込むことができます。 それを通して、様々な形式でそれぞれのニーズにこたえることができます。でも、製作者として、豊富なニーズを持っているコンテンツを製作する時、どこかのコンテンツが漏れられたかどうかを繰り返して確認したりする必要があります。 複数回も確認したことであっても、時々また何か漏れられたか間違えた経験があるでしょう。
今までのVRツアーコンテンツ確認はほとんど二種類あります。一種類はサムネイルより簡単にシーンの間にお互いの関係をラインの繋がりで表しています。後一種類は編集状態でコンテンツ一つ一つで確認し、製作の流れを一遍一遍繰り返しています。 数枚だけのシーンを持っているプロジェクトならば、どうでもいいですが、数十や数百枚のシーンを持っているプロジェクトなら、上記の方法では長い時間をかかるでしょう。 VRTourMakerはVRコンテンツの確認をより簡単にさせるには、「関係確認」という機能パネルを開発しました。この画面では一覧的に各シーンの中に何かを埋め込んでいるのを確認することができます。 何か漏れたか間違えたところが見つけたら、そのパネルより直接に改正することができます。直接に改正できない場合、後ろにある「編集」ボタンよりそのコンテンツの編集画面をポップアップされます。

「関係確認」画面にはシーンのサムネイルが一覧的に左側に表示されます。そのシーンにある矢印の種類とヒントとポップアップコンテンツを直観的にリストされます。一番後ろには矢印それぞれの「編集」ボタンがあります。

「シーン切り替え」矢印ではヒントを直接に変えられる以上、行先のシーンも直接に変えることができます。後ろにある「編集」よりポップアップされた画面で操作することも可能です。


ポップアップされた画面では直接に現在のシーンに入り、現在編集する矢印にも入ります。数多くのシーンと矢印の中から探す必要がありません。直接に「編集」より画面に入って、改正や修正したいところを操作して結構です。「完成」でポップアップ画面を閉じで、元の「関係確認」のそのシーンとその矢印のところに戻ります。同じ道理で複雑な操作を省略しました。

「画像/アルバム」矢印の場合、直接にポップアップする画像を表示されます。複数枚の写真をインポートしてアルバムに利用される場合、サムネイルとしては一枚目だけ表示されます。一枚以外の写真を確認したい場合、「編集」よりポップアップ画面に入る必要があります。

3D Maxなどの3Dソフトより作成された3DオブジェクトをVRツアーの中に埋め込む場合、事前にその3Dオブジェクトをサーバーにアップロードしておく必要があります。URLか共有コードを通してVRツアーの中に埋め込むことができます。。
「動画」の場合、ただ動画のマークを表示されます。具体的なビデオを確認するなら、「編集」よりポップアップ画面で編集する必要があります。
「移動ドア」と「3Dオブジェクト」矢印は同じで連続撮影の一枚目の写真を表示されます。

  Email This Page       Rate This Page