パノラマソフト,バーチャルツアーソフト
セット版
セット版
PW Pro + TW Pro
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 9
バーチャルツアーソフト
バーチャルツアーソフト
Tourweaver 7
パノラマ雲台
セット版
パノラマ雲台
セット版
セット版
PW Pro + TW Pro
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 9
バーチャルツアーソフト
バーチャルツアーソフト
Tourweaver 7
パノラマ雲台
セット版
パノラマ雲台
セット版
セット版
PW Pro + TW Pro
パノラマソフト
パノラマソフト
Panoweaver 9
お問い合わせ
メッセージを送る
jp_support@easypano.com
jp_sales@easypano.com
コミュニティー
Facebook
Twitter
Google+

このページには、DVからイメージをキャプチャーするということについて、いくつか基礎的な知識をお説明いたします。もっと詳しい情報について、 Modelweaver 3.00 user manualをご覧になってください。(右クリックしたら、保存することができます。Acrobat Readerが必要です。)

必要する機材

  • デジタルビデオカメラ(略語はDVです)
    イメージをキャプチャするために、デジタルビデオカメラが必要です。
  • ターンテーブル
    最後にできたオブジェクトムービーには、対象オブジェクトは360度を回転します。この効果を実現するために、回転するターンテーブルーーーKaidan Motorized PiXi?M Turntable.が必要です。このターンテーブルはインライン オン/オフ スイッチでコントロールして、持続てきに回転させることができます。オンしたら、ターンテーブルに置いたオブジェクトが設定された速度で回転します。ターンテーブルに置いたオブジェクトが回転する中、カメラは自動的にオブジェクトの360度のイメージをキャプチャーします。Kaidan Motorized PiXi?M Turntableについて、もっと詳しい情報は次のリンク http://www.kaidan.comをクリックして、ご覧になってください。

基礎的なステップ:

3Dオブジェクトムービーを作成し、出力するために、六つの主なステップが必要:

ステップ1: ハードウェアを準備してください。(オブジェクト、コンピュータ、背景、照明機材、デジタルビデオカメラ、そして、他のキャプチャー機材、たとえば、静止デジタルカメラ或いはターンテーブルなどです。)そして、Modelweaver 3.00をインストールしてください。

ステップ2: Modelweaver 3.00を起動して、イメージ或いはビデオを導入してください。

ステップ3:イメージを編集します。

ステップ4: 3Dオブジェクトムービーをプレビューします。

ステップ5: 3Dオブジェクトムービーを作成して、そして、Modelweaver Applet或いはQTVR(QuickTime VR)ファイルとして保存します。

ステップ6: オブジェクトムービーファイルをwebサイト或いはCDに導出します。

注意:
このページには、すべてのイメージはただ説明するために使われます。弊社はこのウェブサイトでは、ハードウェアが販売しません。

  Email This Page       Rate This Page
      
製品情報
   -紹介
   -主な特色
   -新しい特色
   -動作環境
   -写真
   -互換性のある機材
   -キャラりー
ダウンロード
   -体験版
   -マニュアル
購入について
   -購入
   -アップグレード方法